ファン同士の交流の場を演出!株式会社リンクバルと協業した初のイベント「東京サッカー観戦交流会」を開催

PR TIMES 株式会社大分フットボールクラブ

2020年3月1日(日)
大分トリニータを運営する株式会社大分フットボールクラブのマーケティング子会社である「株式会社トリニータマーケティング」(本社:大分県大分市、代表取締役 山崎 蓮)は、株式会社リンクバル(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉弘和正、証券コード:6046、以下「リンクバル」)と協業し、サッカーファン同士の交流イベント「東京サッカー観戦交流会」を2020年3月1日(日)に共同開催いたします。


本イベントは、プロサッカークラブである「大分トリニータ」の「明治安田生命J1リーグ」ホーム開幕戦を、都内の飲食店で観戦しながら交流できるイベントです。

 参加者全員に大分トリニータオリジナルのタオルマフラーをプレゼント、さらに選手のサイン入りグッズが当たる本イベントならではの企画もご用意しております。「大分トリニータ」のファンはもちろんのこと、サッカー好きであればどなたでも参加いただけるイベントです。“サッカー好き”という共通の趣味を持つ人同士の繋がりを深めるイベントとして、「大分トリニータ」の新規ファン獲得と、既存ファンのエンゲージメント向上を目指してまいります。

〈東京サッカー観戦交流会のポイント〉
1.“サッカー好き”という共通の趣味を持つ人との繋がりが深まる!
2.参加者全員にタオルマフラープレゼント
3.イベントを盛り上げる!選手のサイン入りグッズが当たるコンテンツをご用意!

〈イベント概要〉
イベント名称 :東京サッカー観戦交流会
開催日時   :2020年3月1日(日)13:30~16:30
開催場所  :HUB 西武新宿駅前店(東京都新宿区歌舞伎町1-26-6 灯ビルB1F)
公式URL :https://machicon.jp/events/TEwYdU/
参加資格   :20歳以上のサッカー好きな方
参加費    :男性8000円 女性3500円(税込)/1名
含まれるもの :参加費・会場費・軽食・ドリンク・消費税
主催     :株式会社リンクバル、株式会社トリニータマーケティング

選手サイングッズイメージ
タオルマフラー

■株式会社トリニータマーケティングについて
株式会社トリニータマーケティングは令和元年、株式会社大分フットボールクラブから独立したマーケティング専門会社として設立しました。業務の専門性と機動性を高め、大分トリニータにおけるファンベース構築、クリエイティビティの向上、デジタル化、パートナーシップの強化を担っています。同時にマーケティングの専門性を地域に還元するため、大分の企業に対してのマーケティング支援も行っています。

■会社概要
社名:株式会社トリニータマーケティング
本店所在地:大分県大分市大字横尾1629番地
設立日:令和元年12月3日
資本金等:9,000,000円
株主:株式会社大分フットボールクラブ 100%
代表者:代表取締役 山崎 蓮
事業内容:インターネットを利用したマーケティング及びそのコンサルティング

■株式会社リンクバルとは(https://linkbal.co.jp/
リンクバルは「世界をつなぐ。」というミッションのもと、ワンストップ型の『コト消費のプラットフォーマー』を目指し、イベントECサイト「machicon JAPAN」を運営しております。設立3年4ヶ月という短期上場を経て、現在、テクノロジーの強化とともに、成長を続けているイベントECサイト事業のさらなる拡大を進めております。今後も世界をつなぐべく、新規サービスの開発にも積極的に挑戦し、幸せな社会の実現に向け邁進してまいります。

【提供サービス】
・machicon JAPAN(https://machicon.jp/
machicon JAPAN(マチコンジャパン)は、日本全国で行われる年間24万件以上のイベントを掲載しております。独身男女の出会いの場だけではなく、さまざまな体験や学び、あらゆる魅力的な「コト」をラインナップし、ワンストップ型の『コト消費のプラットフォーム』を目指しています。

・CoupLink(https://couplink.jp/
CoupLink(カップリンク)は、オンラインで恋活・婚活ができるマッチングアプリです。

・KOIGAKU(https://koigaku.machicon.jp/
KOIGAKU(コイガク)は 、恋に悩む大人の女性の恋愛を応援する「恋を学ぶ」情報サイトです。

・Pairy(https://pairy.com/
Pairy(ペアリー)は、カップル専用アプリです。恋人達の思い出をもっと素敵にするために考えられ、世代問わず楽しく仲を深めることができる機能が豊富です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ