グレコ文田が3年ぶり優勝

共同通信

 【ニューデリー共同】レスリングのアジア選手権第2日は19日、ニューデリーで男子グレコローマンスタイルの5階級が行われ、60キロ級では昨年の世界選手権王者で東京五輪代表の文田健一郎(ミキハウス)が初戦の2回戦から3試合を全て無失点で勝ち、3年ぶりに優勝した。

 67キロ級の下山田培(警視庁)と72キロ級の日下尚(日体大)は2回戦で屈し、敗者復活で回った3位決定戦でも敗れた。

 五輪アジア予選に出場する97キロ級の奈良勇太(警視庁)は2回戦敗退。82キロ級の向井識起(自衛隊)は1次リーグで3戦全敗だった。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ