中国国民の怒りそらすため

共同通信

 【ニューヨーク共同】20日付の米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、中国政府が新型肺炎のコラムを巡り同紙の北京駐在記者3人の記者証を取り消したことに関する社説を掲載、取り消しは中国政府が「新型コロナウイルスまん延への国民の怒りから関心をそらしたいとの思惑から記者を罰したものだ」と批判した。

 社説は、記者3人はコラムとは無関係だとした上で、国内の問題から国民の目をそらすための政治的動機に基づく行為だと非難。米国が18日に中国の新華社など国営メディア5社を「中国共産党の宣伝機関」と認定したことに対する報復措置の可能性もあるとした。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ