大鵬直伝ちゃんこ鍋が秋田で復活

共同通信

 昭和の大横綱、大鵬(本名・納谷幸喜さん、2013年死去)直伝のちゃんこ鍋を、秋田市の会社が運営する飲食チェーン店などで提供している。巡業で定宿にしていた同市の旅館の名物料理だったが、06年に閉館。会社が「新しい名物にしたい」と復活に動き、秋田県内の居酒屋などで昨年、メニューに加えた。

 鶏がらとしょうゆをベースにしたスープに、地元の比内地鶏や野菜がたっぷり。鶏のうま味や野菜の甘みが存分に楽しめる。独自のレシピを、納谷さんが旅館「栄太楼」の板前に伝授した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ