ラグビーのマフィ選手に出場停止

共同通信

 日本ラグビー協会は21日、ニュージーランドで2018年7月に暴行事件を起こしたFWアマナキ・レレイ・マフィ選手(30)=NTTコミュニケーションズ=への、3カ月の出場停止処分を決めたと発表した。所属チームから出場停止処分を受けた18年8月23日~11月22日にさかのぼって適用され、今後の出場に影響はない。

 日本協会は、既に所属チーム内で処分を受けていることなどから、基準となる「資格停止6カ月」を最大限(2分の1程度)軽減することが相当と判断した。マフィ選手は15年、昨年のワールドカップに日本代表として出場した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ