トランプ氏、和平に自信

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は23日、アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンとの間で29日に署名する予定の和平合意について「タリバンは戦争に疲れており合意を求めている。うまくいくだろう」と自信を示した。ホワイトハウスで記者団に語った。

 米タリバン双方は22日から7日間の暴力削減措置を実行しており、タリバン指導部が組織全体を統率して攻撃を停止できるかどうかが焦点となっている。

 オブライエン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は23日放送のCBSテレビのインタビューで、タリバン側に暴力削減措置への違反があれば和平合意には署名しないとの立場を強調した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ