アルカイダ系が後継者発表

共同通信

 【イスタンブール共同】イエメンを拠点とする国際テロ組織アルカイダ系武装組織「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」がカシム・ライミ指導者の死亡を認め、後継者を発表した。米国のイスラム武装組織監視団体「SITE」が23日公表した。

 トランプ米大統領が今月6日、ライミ指導者をイエメンで殺害したと発表していた。

 後継者はハリド・バタルフィ幹部。SITEによると、同指導者の副官だったとみられ、情報発信から軍事作戦まで関与していた。2015年にAQAPが南部ムカラの刑務所を襲撃した際、脱走した受刑者の1人だった。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ