ベルギー伝統のカーニバルに批判

共同通信

 【ブリュッセル共同】ベルギー北部アールストで23日行われた伝統のカーニバルの一部内容が反ユダヤ的だとして、国内外の批判を浴びている。国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産に登録されていたが、昨年も同様の批判があり、同12月に登録抹消され、催し自体の中止を求める声も出ていた。欧米メディアが伝えた。

 同カーニバルは風刺を込めた山車のパレードで知られ、長いもみあげの正統派ユダヤ教徒がダイヤモンドを持っている山車や、ユネスコを皮肉る仮装行列が登場。ベルギーや英国の王室、英国の欧州連合(EU)離脱をからかう山車もあった。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ