慰安婦問題、人権理で言及

共同通信

 【ジュネーブ共同】韓国の康京和外相は24日、国連人権理事会で演説し、旧日本軍の元従軍慰安婦問題について「尊厳や名誉を取り戻そうとする元慰安婦の取り組みを韓国政府は支え続ける」と述べた。康氏が人権理で慰安婦問題に言及するのは今回で3年連続。

 康氏は「元慰安婦の痛ましい経験は次の世代にも記憶されなければならない」と強調。一方で、日本を名指しすることは避け、日本への直接的な批判も控えるなど、日韓関係への配慮もうかがえた。

 康氏は演説終了後、共同通信に対し「詰まるところ、慰安婦の皆さんは心からの謝罪を必要としている」と強調した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ