北野天満宮で梅花祭、規模は縮小

共同通信

 学問の神様、菅原道真を祭る北野天満宮(京都市上京区)で25日、道真の命日にちなんだ「梅花祭」が行われた。

 豊臣秀吉が境内で大茶会を開いたのに倣い、野だて茶会も開催。新型コロナウイルス対策で、参加チケットの販売数を例年の3分の1にするなど規模を縮小し、マスク着用を呼び掛けた。今年は近くの花街、上七軒の芸舞妓に代わり、マスクをした上七軒歌舞会の関係者らがお茶を運んでもてなした。

 約900年の歴史がある祭典。梅の名所として知られる天満宮には、境内の「梅苑」などに約50種、約1500本が植えられている。今年は暖冬の影響で例年より開花が早く、多くが見頃という。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ