弥次、喜多が日本橋を案内

共同通信

 演劇と街歩きを融合した新感覚の観光ツアーを、松竹が東京・日本橋で3月7日からスタートさせる。江戸時代の滑稽本「東海道中膝栗毛」の弥次、喜多に扮した俳優と街を巡り、ツアー客を巻き込んだ劇も繰り広げる。

 映画や演劇の世界を劇場内だけでなく街全体へ広げようという新しいエンターテインメントの試みで、名称は「日本橋シアトリカルツアー」。松竹の担当者、京井勇樹さんは「日本橋といえば週末は弥次さん、喜多さんが歩いているよね、となれば」と意気込む。

 弥次喜多コンビが江戸時代からタイムスリップしたという設定。女性ガイド役の俳優とともに、日本橋や福徳神社、江戸時代からの老舗「千疋屋総本店日本橋本店」などを約2時間かけて訪れる。

 道中、目の前で演じられる劇は迫力満点だ。俳優がアドリブで話し掛けてくることもあり、物語に入り込んだような気分を楽しめる。江戸時代の大きなにぎりずしを再現した、地元すし店の特別メニューも味わえる。

 昨年、東京・銀座で実験的に開催し、今回は1年の継続が目標。日本語のみだが、今後は訪日外国人客向けに多言語対応を考えており、人気が出れば全国各地で展開する可能性もあるという。

 ツアーは毎週末行われ、金、土曜が1日3回、日曜は1日2回開催する。料金は7800円。詳細や予約は公式ホームページで。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ