五輪の夏、全国で高温か

共同通信

 気象庁は25日、今夏の天候見通しを発表した。東京五輪・パラリンピック期間を含む6~8月の気温は全国的に平年並みか高くなるとしている。この日は3~5月の3カ月予報も発表し、全国的に気温が高く、降水量はほぼ平年並みとみられるとした。

 気象庁によると、夏の降水量もほぼ平年並みになりそうだ。梅雨の期間の雨量は北日本(北海道、東北)、東日本(関東甲信、北陸、東海)、西日本(近畿、中国、四国、九州)でほぼ平年並みだが、沖縄・奄美は平年並みか多くなる見込み。

 これからの春は上空を吹く偏西風が北に蛇行して寒気の南下を妨げ、日本付近は暖かい空気に覆われやすそうだ。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ