野党、森法相の不信任決議案検討

共同通信

 立憲民主党など野党4党の国対委員長は26日、国会内で会談し、黒川弘務東京高検検事長の定年延長を巡る法解釈変更は不当だとして、森雅子法相に対する不信任決議案の提出を検討する考えで一致した。立民の安住淳国対委員長は記者団に「法を守らなければならない法相が、一方的な解釈変更により脱法的な措置を行った」と批判した。

 野党は首相官邸サイドと近い黒川氏を検察トップの検事総長に据えるために後付けで解釈を変更したとの疑念を深めている。安住氏は森氏の対応に関し「特定の人間の定年を延長し、過去の慣例を破る事態だ。法相の任にあらずと判断せざるを得ない」と指摘した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ