都立校、感染時は14日間休校

共同通信

 東京都は26日、都立の中高や特別支援学校で児童や生徒、教職員が新型コロナウイルスに感染した場合、感染を確認した日から14日間を目安に休校する方針を明らかにした。保護者には同居家族が発症すれば学校に連絡するよう依頼し、濃厚接触者の把握に努める。

 都は3月15日までを感染拡大を抑制する集中期間と位置付け、春休みも前倒しにする。3月上旬ごろに実施される学年末考査を終えた学校から順次、自宅学習に移行。15日以降は、感染の状況を見て判断する。

 通常日の始業時間は繰り下げ、部活動も自粛を促し、通勤ラッシュを避けた登下校とする。卒業式も保護者などに参加自粛を要請する。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ