野党に国会休会論

共同通信

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて26日、国会の休会を求める声が野党内に広がった。重い障害があるれいわ新選組の舩後靖彦参院議員は国会の防疫態勢が「あまりにも不完全だ」として、自民党や野党会派に終息までの休会を申し入れた。

 日本維新の会の馬場伸幸幹事長は「国会も休会にして、率先して姿勢を示すべきだ」と述べた。自民党が提案した国会見学者らの検温には「不十分すぎる」と異論を唱えた。

 一方、国民の舟山康江参院国対委員長(無所属)は会見で「対策を打たねばならない時だからこそ、国会での議論が必要だ。休会論は逆行している」と反対した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ