IMFと世銀、春季会合を縮小か

共同通信

 【ワシントン共同】ロイター通信は26日、国際通貨基金(IMF)と世界銀行が肺炎を引き起こす新型コロナウイルスを警戒し、ワシントンで4月中旬に開く春季会合の規模縮小や電話会議での開催を検討していると伝えた。

 会合の数を減らしたり、代表団の人数を制限したりすることが検討されているという。IMFや世銀の会合に合わせ、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議も予定されている。

 日本を含む各国政府代表団や記者、経済界関係者ら約1万人がワシントンを訪問し、例年狭い地域に大勢の人が密集するため、集団感染が懸念されている。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ