感染防止で期日取り消し、札幌

共同通信

 札幌地裁は27日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、来月に予定されていた殺人未遂事件の初公判の期日を取り消すと明らかにした。公判前に裁判員を選任するために多くの人を集める必要があり、感染のリスクが高まるためとしている。

 地裁によると、取り消されるのは3月2日午後に予定されていた殺人未遂や銃刀法違反の罪に問われた女の裁判員裁判の初公判。初公判前に裁判員を絞り込む抽選などをするために約30人の候補者が集まる手続きがあり、地裁は「道内における感染状況を考慮した」としている。

 感染拡大防止を理由とした裁判員裁判の期日の取り消しは札幌地裁では初めて。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ