元日の新聞、熟読派が7割超

共同通信

 新聞18紙が実施した読者アンケートで元日の新聞の読み方について聞いたところ、「普段より読む時間が長い」と答えた割合が72・5%に上った。元日の新聞を「2日以降も読む」という人も58・9%で、通常の紙面よりもしっかりと読まれていることが分かった。

 付属する別刷り特集については「テレビの番組特集が便利」と思う割合が78・5%、「読み応えがある」が71・0%だった。

 正月の新聞に掲載されている広告に関する質問では「初売りの広告を見て、お店に行きたいと思った(行った)」との回答が57・4%。40代以下は6割を超えており、広告が初売りへの関心を呼び起こしていた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ