金正恩氏、朝鮮労働党高官ら解任

共同通信

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は29日、金正恩朝鮮労働党委員長が出席の下、党政治局拡大会議が開かれたと報じた。党内での「不正・腐敗行為」が厳しく非難され、李万建、朴太徳党副委員長の2人が解任された。新型コロナウイルス対策についても協議し、金氏は感染阻止に総力を集中すると強調した。

 金氏は28日、東部で朝鮮人民軍部隊の合同火力打撃訓練を現地指導した。弾道ミサイルの発射はなかったとみられる。高官解任や軍視察は体制引き締めを図る狙いがあるとみられる。金氏の動静が伝えられるのは約2週間ぶり。

 北朝鮮は同国で新型コロナウイルスの感染者は発生していないとしている。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ