高速道路の「再入場」、時間延長

共同通信

 国土交通省は、高速道路から出て道の駅を利用後、同じインターチェンジ(IC)なら高速へ「再入場」しやすくする。現在は1時間以内に戻らないと料金が割高になるが、2020年度中に3時間以内に延長する。道の駅以外への寄り道でも適用したり、現在は21県23カ所にとどまる対象ICを50カ所程度に増やしたりすることも検討している。

 この仕組みを利用するには従来の自動料金収受システム(ETC)ではなく、車両の位置を発信したり渋滞情報を受信したりできる「ETC2・0」に対応した機器が必要となる。

 サービスエリア、パーキングエリアがない高速上の空白地帯の不便解消につながる。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ