日本からは14日間観察、上海市

共同通信

 【上海、北京共同】中国上海市政府は3日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、日本からの入国者に14日間、自宅などでの経過観察を求めると日本総領事館に通知した。日本へ一時帰国中の駐在員が上海帰還を見合わせるなど邦人社会にも影響が出るとみられる。

 中国では湖北省以外の新たな感染者が減少傾向にある中、日韓両国やイタリアなど外国から感染が“逆流”することへの警戒感が高まり、管理が強化されている。

 上海市は3日記者会見を開き、感染拡大が深刻な「重点国家」からの入国者に14日間の経過観察を求めると発表。上海の日本総領事館に日本が重点国家に含まれると伝達した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ