栃木県茂木町、臨時休校取りやめ

共同通信

 栃木県茂木町は4日までに、町立小中学校5校で10日から実施予定だった臨時休校を取りやめ、春休みまで通常授業とすることを決めた。臨時休校で放課後児童クラブ(学童保育)の受け入れ人数が増えれば、子どもの密度が高くなり逆に感染が懸念されるとして、休校方針を再検討。各校長やPTA会長の意見を聞き、通常授業の方が良いと判断したという。

 町によると、学校での感染が不安な家庭から事前に連絡があれば休むことを認め、補習などで対応する。手洗いやうがい、スクールバスの消毒などの対策を徹底し、町内や近隣自治体で感染者が確認された場合は、即日臨時休校とする。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ