肺炎対応礼賛本が撤去に、中国

 【北京共同】中国共産党・政府は4日までに、習近平指導部の新型コロナウイルスによる肺炎への対応の成果をアピールする本を緊急出版した。ただ「(事態が)収束していないのに礼賛するのか」と非難が殺到し、発売から数日で売り場から撤去された。

 本の題名は「大国戦“疫”」。党と政府の宣伝部門が主導し2月下旬に出版された。国営中央テレビによると、新型肺炎に関する一連の報道を整理し、習国家主席の「大国の領袖としての戦略的な先見性と卓越した指導力」を示す内容だった。

 新型肺炎対応を巡っては初動の遅れが指摘されており、本の出版は習氏の権威を守る狙いがあったとみられる。

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR