日銀の黒田総裁、新型肺炎を警戒

共同通信

 日銀の黒田東彦総裁は4日の参院予算委員会で、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大が景気に及ぼす影響について「大きくなることは十分に意識する必要がある」と述べ、強い警戒感を示した。「必要に応じて適切な対応を取りたい」と強調し、金融市場の混乱が収まらなければ、追加金融緩和を検討する考えを示唆した。日銀の動きを注視する市場関係者との神経戦となる。

 黒田氏は「既に中国からの訪日客数や(日本からの)輸出などに影響が出ており、長引けば生産活動も悪化する」と先行きに懸念を示した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ