バド代表、帰国せず海外転戦へ

共同通信

 日本バドミントン協会は4日、新型コロナウイルス感染拡大や世界各国の渡航情勢を考慮し、日本代表の派遣日程を変更して11日開幕の全英オープン(バーミンガム)後は帰国せずに海外を転戦すると発表した。英国に残ってインド・オープンに向けた合宿を行い、インドOP後もマレーシアなどに移動して東京五輪出場権が懸かるワールドツアー大会に参戦する。

 ツアーの中でも格付けが高い全英オープンは、4日に主催者が予定通りの開催を公表した。4月下旬に中国・武漢で予定されていたアジア選手権は五輪出場が懸かる最後の大会で、マニラでの代替開催が決まった。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ