河井案里氏、事件への関与否定

共同通信

 自民党の河井案里参院議員は5日、昨夏の参院選を巡り公設秘書らが逮捕された公選法違反事件について、自身の関与を否定した。世耕弘成参院幹事長と国会内で面会し「身に覚えがない」と主張した。進退に関しては「引き続き議員活動を頑張って続けたい」と述べ、議員辞職する考えがないと伝えた。面会後、世耕氏が記者団に明らかにした。

 河井氏は、広島地検により家宅捜索を受けた状況などを説明した。世耕氏は記者団から河井氏の離党や辞職の是非を聞かれ「状況をよく見極めたい。まだ判断できない」と述べるにとどめた。

 面会後、河井氏は記者団の問い掛けに答えないまま国会を出た。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ