入社式の中止や延期の企業相次ぐ

共同通信

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月1日に予定していた入社式の中止や延期を決める企業が相次いでいる。大人数が集まるのを避けるため、各社はインターネットでの映像配信などに切り替えて対応する。入社式後の新入社員研修を見直す企業もある。

 ソニーは東京都内の本社で約900人が集まる予定だった入社式を中止する。社長はネット配信でスピーチを行う。東芝は大ホールに全員を集める式典ではなく、数十人ごとに別々の会議室に分散し、ネットを使い実施する。

 ホンダも鈴鹿サーキットでの入社式の式典を中止した。ANAホールディングスはグループ合同入社式を取りやめることにした。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ