京都の料亭が子ども受け入れ

共同通信

 京都市の世界遺産・二条城近くにある料亭「神泉苑平八」が5日、新型コロナウイルス対策で臨時休校になった小学生らの受け入れを始めた。平日の午前10時から午後5時まで、客間を自習室として開放し、料理人が作った昼食を無料で提供する。

 3月は春の観光シーズンが始まる上、歓送迎会が多い書き入れ時。しかし団体客を中心にキャンセルが相次ぎ、空いたスペースを有効活用しようと開放を決めた。

 5日は30人近くの小学生らが集まり、学校から出された課題に取り組んだ。正午すぎにはタケノコの炊き込みご飯やだし巻き卵、鶏肉の照り焼きなどが振る舞われ、笑顔でほおばった。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ