探査車「不屈の精神」火星へ

共同通信

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は5日、7月に打ち上げ予定の火星探査車に、不屈の精神を意味する「パーシビアランス」と命名したと発表した。順調なら2021年2月に火星に着陸し、土壌を採取して生命の痕跡を探る。

 NASAは事前に子どもたちから名前の案とその理由を書いた作文を募集。集まった約2万8千件から南部バージニア州の中学生の応募作品を選んだ。

 探査車は採取した土壌を別の探査機と協力して地球に持ち帰ることを目指す。NASAは「任務にふさわしい名前だ」としている。日本も火星の衛星「フォボス」から試料を持ち帰る探査機を24年に打ち上げる。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ