FB、日本なども政治広告規制

共同通信

 米フェイスブックは6日、日本を含む32カ国でインターネット政治広告の自主規制を新たに導入すると発表した。政治や選挙に関連する広告配信の際に責任者の登録を義務付ける。政治広告の透明性を高め、偽情報の拡散を抑えるのが狙い。出所不明の広告が選挙結果を左右しかねないとの批判が高まり、米国や欧州などで先行導入していたが対象国を広げる。

 3月中旬に開始する。フェイスブックが運営する画像共有アプリ「インスタグラム」の広告も対象になる。政党の広告責任者は、配信前に身分確認や情報開示が求められ、認証を受けないと広告配信はできない。

 与野党が対立する憲法改正も対象となる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ