米首席補佐官に強硬派議員

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は6日、空席だった大統領首席補佐官に保守強硬派のメドウズ下院議員を任命するとツイッターで発表した。ウクライナ疑惑を巡る弾劾裁判で無罪評決を獲得後、自身に近い人物を次々と要職に登用しており、再選を狙う11月の大統領選に向けて態勢固めを図っている。

 昨年1月から首席補佐官代行を務めてきたマルバニー氏は英領・北アイルランド問題担当の特別代表に任命する。同氏を巡っては、記者会見でウクライナ疑惑を巡りトランプ弁護団の方針と食い違う発言をするなどして、解任説がたびたび取り沙汰されてきた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ