厚労省、医療体制の見直し求める

共同通信

 厚生労働省は9日、新型コロナウイルス感染症患者の大幅増に都道府県などが対応できるようにするため、感染が疑われる患者を受け入れる医療機関や入院できる病床数を準備するなど、ピーク時に備えた医療提供体制の見直しを6日付で要請したと発表した。

 厚労省は要請文書で、目安となるピーク時患者数の推計式を提示。この式に総務省が発表した2018年10月1日時点の人口推計を当てはめると、最も感染者が多い北海道では1日当たりの外来患者が約1万8300人、入院患者が約1万200人、重症患者は約340人。同様に東京都では外来患者約4万5400人、入院患者約2万500人となる。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ