劇作家の別役実さんが死去

共同通信

 日本の不条理劇の第一人者として知られる劇作家の別役実(べつやく・みのる)さんが3日、肺炎のため東京都内の病院で死去したことが10日分かった。82歳。旧満州(中国東北部)生まれ。葬儀・告別式は親族のみで行った。喪主は長女林怜(はやし・れい)さん。後日しのぶ会を開く。

 早稲田大中退後、「マッチ売りの少女」「赤い鳥の居る風景」で岸田国士戯曲賞を受賞。日本独自の不条理劇を確立し、「不思議の国のアリス」「山猫理髪店」「やってきたゴドー」などの名作を生み出した。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ