習氏、感染症発生後初の武漢視察

共同通信

 【北京共同】中国の習近平国家主席は10日、新型コロナウイルス感染症の発生後初めて、被害が最も深刻な湖北省武漢市を視察した。中国政府は10日、新型コロナウイルスによる中国本土での死者が9日に17人増え、計3136人になったと発表した。感染者は19人増え、計8万754人。

 1日当たりの感染者の増加数は4日連続で100人を下回った。新たな死者は全て湖北省。習氏の武漢市入りは、対策の成果で感染が終息に向かっていると内外にアピールする狙いがありそうだ。武漢市の封鎖が近く解除されるとの見方も強まっている。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ