入社式の延期や中止相次ぐ

共同通信

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月1日の2020年度入社式を延期したり中止したりする企業が11日も相次いだ。物流大手ヤマトホールディングス(HD)が延期を決めたほか、日本航空もグループ合同の入社式を取りやめた。資生堂とパナソニックはウェブサイトでの開催に切り替える。

 ヤマトHDはヤマト運輸などグループ各社の新入社員800人弱を集め、羽田空港近くの大型物流施設「羽田クロノゲート」で行う予定だったが、延期することを明らかにした。

 資生堂は、新入社員は各自の持ち場で参加する。パナソニックは自宅に待機させ、専用サイトを通じて社長のメッセージを流す。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ