新型コロナ関連倒産が全国で8件

共同通信

 帝国データバンクは11日、新型コロナウイルス関連の企業倒産がこれまでに全国で8件に上ったと発表した。いずれも元々厳しい経営が続いていた中で、感染症拡大による客数減少などで事業継続が困難になった。帝国データバンクは「今後も関連倒産が増える恐れがある」としている。

 代理人の弁護士らが法的整理や事業停止の理由として、新型コロナウイルスを挙げた事例を11日時点で集計した。

 8社は、神戸市のクルーズ船運航会社、愛知県蒲郡市と福島県猪苗代町の旅館、富山市の学習塾、広島市の旅行代理店、京都市の呉服卸、大阪市の雑貨販売会社、北海道栗山町のコロッケ製造会社。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ