NY株急落、1464ドル安

共同通信

 【ニューヨーク共同】11日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は新型コロナウイルス感染症の大流行を受け、前日比1464・94ドル安の2万3553・22ドルと急反落した。連日乱高下が続き、2月12日の最高値から下落率は2割に達した。金融危機以来の「弱気相場」に入り、これまでの上昇基調から転換点を迎えた。

 1日の下げ幅としては3月9日に記録した2000ドル超安に続き、過去2番目の大きさ。

 欧州市場もつられて下げ、英国株は約4年ぶりの安値。ドイツやフランスも下落した。コロナウイルスを巡る動向に一喜一憂する形で、今後も世界的に波乱の展開が予想される。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ