全日空、労組と一時金協議を延期

共同通信

 全日本空輸は12日、年間一時金の水準を巡る労働組合との協議を延期したと明らかにした。新型コロナウイルス感染症の拡大で経営環境が激変しているためで、協議の再開時期は未定という。

 労組は、地上職などでつくる「ANA労働組合」。一時金の水準はここ数年、2~3月ごろに労使で合意し、4月以降に支給することが多かったという。ANA労組は組合員に状況を説明し、今後の対応を検討する。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ