第三者委、関電の便宜供与を認定

共同通信

 関西電力役員らの金品受領問題を調べた第三者委員会(委員長・但木敬一元検事総長)は14日、報告書を発表した。報告書は原発が立地する福井県高浜町の元助役森山栄治氏(故人)からの金品受領者が75人、総額は計約3億6千万円相当だったと指摘。森山氏の要求に応じて工事を発注した事例があり、関電による便宜供与があったと認定した。刑事告発は見送る。関西電力は岩根茂樹社長(66)が同日付で引責辞任し、後任に森本孝副社長(64)が昇格する人事を発表した。

 金品受領は森山氏が高浜町助役を退任した1987年の直後から始まったと認定した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ