信長ゆかり「左義長祭り」、滋賀

共同通信

 滋賀県近江八幡市宮内町の日牟禮八幡宮で14日、織田信長が五穀豊穣を願って始めたとされる「左義長まつり」が始まった。地元の若者らが今年の干支、ネズミの飾り物を載せた左義長(山車)13基を「マッセ、マッセ」の掛け声とともに八幡宮に担ぎ込んだ。

 信長が安土城下で自らも派手な衣装で参加したと伝えられる祭り。廃城後に途絶えたが、周辺に移り住んだ町民が復活させ、春を呼ぶ行事として約430年間受け継いできた。地区ごとの法被を着て、髪を派手な色に染めた若者らが左義長の華やかさを競った。

 今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で旧市街地を練り歩く「渡御」が中止された。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ