ジョージア州も予備選を延期

共同通信

 【ワシントン共同】米南部ジョージア州当局は14日、新型コロナウイルスの感染拡大の懸念から、11月の大統領選に向けて今月24日に予定していた予備選を5月19日に延期すると発表した。

 新型コロナを理由に予備選の延期が決まったのは南部ルイジアナ州に続き2州目。ジョージア州当局者は「選挙関係者の健康を守るのが最優先だ」と強調した。

 一方、17日に予定する南部フロリダ、西部アリゾナ、中西部イリノイ、オハイオの4州の予備選に日程の変更はない。

 民主党候補指名争いに出馬しているバイデン前副大統領(77)らは、いずれも各地で予定した集会をキャンセルしている。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ