新型コロナでドイツが入国制限

共同通信

 【ベルリン、ローマ共同】ドイツのゼーホーファー内相は15日、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、16日朝(日本時間同午後)からフランス、オーストリア、スイスなど各国との国境で入国制限を始めると明らかにした。域内の移動の自由を基本理念とする欧州連合(EU)の主要国ドイツは国境開放が必要との立場を転換、感染対策を優先させた。

 今回の措置は旅行者を主に対象としたもので、貨物輸送や国境を越えて通勤する市民は対象外となる。ゼーホーファー氏は「確固とした理由がない場合、旅行者は入国できなくなる」と述べた。一方で、いつまで続けるかは明らかにしなかった。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ