広島の中3男子自殺訴訟、和解へ

共同通信

 広島県府中町立中3年の男子生徒=当時(15)=が2015年12月に自殺したのは、学校側が誤った記録に基づき進路指導をしたのが原因として、遺族が約6700万円の賠償を求めた訴訟について、町議会は16日の本議会で、和解金約2800万円を支払う和解案を全会一致で可決した。25日に広島地裁で和解が成立する見通し。

 和解条項で町は、進路指導での「万引した」との重大な過誤によって、男子生徒が自殺したことを認めるとした。

 町によると、示談が実らず遺族が18年に提訴。詳細な事実関係や賠償額について争っていたが、昨年12月から和解に向け協議していた。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ