中国の工業生産、初のマイナス

共同通信

 【北京共同】中国国家統計局が16日発表した1~2月の工業生産は、前年同期比13・5%減だった。新型コロナウイルスの影響が直撃し、記録が確認できる1998年以降、初めてマイナスを記録した。消費など他の指標も軒並み初の減少となり、中国経済へのダメージの深刻さが改めて浮き彫りになった。

 新型コロナの感染拡大は1月後半の春節(旧正月)連休から本格化。各地で工場が再開できず、自動車やスマートフォンの生産を中心に大きく落ち込んだ。国家統計局は「1~2月の国民経済は新型コロナウイルスの衝撃を受けた」と認めた。

 1~2月の消費動向を示す小売売上高は20・5%減だった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ