相模原殺傷、植松被告に死刑判決

共同通信

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者19人が殺害され、職員を含む26人が重軽傷を負った事件の裁判員裁判で、横浜地裁は16日、「19人もの人命が奪われ、結果は他の事件と比較できないほど甚だしく重大。計画的かつ強烈な殺意に貫かれた犯行だ」として、殺人罪などに問われた元職員植松聖被告(30)に求刑通り死刑判決を言い渡した。

 判決理由で青沼潔裁判長は、動機について「園での勤務経験から『重度障害者は周囲を不幸にする不要な存在』と考えた」などと指摘。その上で「動機の形成過程に病的な飛躍はない」などとして刑事責任能力はあったと認定した。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ