台湾花卉、対日輸出に暗雲

共同通信

 【台北共同】生花など台湾産花卉の輸出に新型コロナウイルスの感染拡大が暗い影を落としている。最大の輸出先である日本で大型イベントが相次いで中止となっているためだ。花卉輸出業組合の幹部は「日本での花卉需要は3月が最盛期。通常は値上がりするのに、今年は値崩れしている」と述べ、長期化へ懸念を示した。台湾メディアが16日までに伝えた。

 台湾から日本へはコチョウランやグラジオラス、トルコキキョウなどが輸出されており、今年1~2月の輸出額は約1172万ドル(約12億6千万円)。だが、新型コロナの影響で3月の日本の消費は半分に減少、価格も3割近く落ち込む見通しだという。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ