米MGM、ラスベガスの営業休止

共同通信

 【ニューヨーク共同】米カジノ大手MGMリゾーツ・インターナショナルは15日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米ラスベガスで運営するホテルやカジノなどの全施設の営業を17日までに休止すると発表した。

 休業期間は未定。5月1日より前の予約は受け付けない。MGM首脳は声明で「公衆衛生の危機であることは明らかで、感染拡大を防ぐため、大規模な取り組みが必要とされている」と述べた。

 MGMはラスベガスで、ベラージオやマンダレイベイなどのリゾート施設を運営。世界最大の家電IT見本市「CES」などの会場としても使われている。多くの日本人観光客も訪れる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ