小惑星、がれき重なる構造か

共同通信

 はやぶさ2が小惑星りゅうぐうを観測した結果、がれきが重なったような隙間だらけの構造だったと、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が17日付英科学誌ネイチャー電子版に発表した。ちりなどが固まって一つの天体になったが、別の小惑星との衝突などでばらばらになり、その後、重力で再集合したらしい。

 はやぶさ2に搭載した赤外線カメラで、りゅうぐう表面で太陽光による熱がどのように伝わるかを調べた。隙間の多い、すかすかな構造であるほど、熱の伝わるスピードは遅いが、りゅうぐうはかなりゆっくりで「インスタントコーヒーの粉を寄せ集めた塊のようだ」という。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ