NY株暴落、2997ドル安

共同通信

 【ニューヨーク共同】週明け16日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は暴落し、前週末比2997・10ドル安の2万0188・52ドルで取引を終えた。下落幅は過去最大。2017年2月以来約3年1カ月ぶりの安値水準。新型コロナウイルスの感染拡大による世界的な景気悪化への懸念が強まった。

 下落率も12・93%に達し、1987年10月の大暴落「ブラックマンデー(暗黒の月曜日)」以来(22・61%)の大きさ。取引開始直後に大幅下落し、取引が15分間停止される措置「サーキットブレーカー」が発動。今月3度目となった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ