米中、新型コロナの責任で対立

共同通信

 【ワシントン共同】ポンペオ米国務長官は16日、中国外交担当トップの楊潔チ共産党政治局員と電話会談し、中国が新型コロナウイルス感染拡大の責任を米国に転嫁しようとしていると批判した。楊氏も反発し、新型ウイルスを巡り米中両国の外交担当が非難の応酬を繰り広げて対立を深めている。

 トランプ米大統領は16日、ツイッターで新型コロナを「中国ウイルス」と表現した。

 米国務省によると、ポンペオ氏は会談で「偽情報や奇妙なうわさを広める時ではない」と指摘。中国外務省の趙立堅副報道局長が12日にツイッターで「米軍が武漢市に持ち込んだのかも」と主張したことを踏まえたとみられる。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ